ゼロコン
ホーム 会社概要製品お問合せ ショッピング

コンクリートミキサー車(車輛)
弱溶剤系プロツバルⅦ

 弱溶剤系プロツバルⅦとは


写真提供:宇宙航空研究開発機構

プロツバルⅦは株式会社日本プロツバルが独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の技術を基に開発した住宅用塗料です。

 
複数のJAXA技術の中でも、特にロケットが大気圏飛翔時の高温に耐える塗材を発展させ、独自技術との融合、代替材料の検討により様々なニーズに対応する熱制御塗料(遮熱塗料)に仕上げました。

 

 ここ数年、気温は上昇してきております。
 また、ビル、アスファルトも太陽熱によって熱せられ、そのビルやアスファルトからの輻射熱も年々 強くなってきております。
 コンクリートミキサー車のドラム表面も太陽熱やビル、アスファルトの輻射熱によって、以前に比べ熱くなっています。
 熱くなったコンクリートミキサー車ドラムの中に冷たい生コンクリートを入れても、高温なドラムの熱を吸収し、生コンクリートの温度は上昇します。
 また、運搬中も太陽熱やビル、アスファルトの輻射熱でドラムが熱せられるので、生コンクリートが更に熱くなりやすい状況にあります。

 コンクリートミキサー車ドラムを遮熱塗装することで、ドラム表面の温度が約20℃下がります。
 ドラム表面の熱は内側へ伝わっていきますので、表面温度を下げる事により、ドラム内側の温度上昇を抑え、生コンクリートの温度上昇を防ぐ効果が期待できます。 

 塗装後の効果

 ■試験実施場所 : 滋賀県甲賀市 (近江アサノコンクリート内)
 ■試験実施日外気温 : 33.0℃ (気象庁発表データより)

① 一般塗装車(ピンク)
    
 
 ②一般塗装車(ホワイト)
    

 ③遮熱塗料塗装車
    

  ①一般塗装車
(ピンク)
②一般塗装車
(ホワイト)
③遮熱塗料塗装車
(ホワイト)
ドラム表面温度 59.5℃ 44.0℃ 29.0℃
①ピンクとの差 -15.5℃ -30.5℃
②ホワイトとの差 +15.5℃ -15.0℃
外気温との差 +26.5℃ +11.0℃ -4.0℃

 塗装方法

①表面の旧塗膜を綺麗に除去する。
 ※旧塗膜の状態により、若干違います。 
②専用プライマー塗装後、ミキサー車ドラム用プロツバルⅦを塗装し乾燥後、更に塗装をします。(2回塗り)
 弱溶剤系の遮熱塗料ですので、従来の塗装工程で作業をして頂けます。